スーパーフード

ゴジベリーの効能がスゴイ!おすすめの食べ方も紹介

最近話題のスーパーフード、ゴジベリーの効能がスゴイと聞き、無性に気になったので調べてみました。

スーパーフードと言われるからには、ものすごい栄養素が含まれているはず!

いったいどんな栄養や効能があるのかご紹介します!

まずはゴジベリーそのものがどんなものかを簡単に説明しますね!

そもそもゴジベリーとは?

ゴジベリーとは日本では「クコの実」と呼ばれています。

クコの実といえば、「あ~あの杏仁豆腐の上にちょこんとのってる赤いやつ!!」と思い浮かべる方も多いはず!

そう、ゴジベリーとは、その杏仁豆腐の上にのってる赤い実のことなのです。

中国では滋養強壮に良いとされ、「不老長寿の薬」といわれているんだそうです。

世界三大美女のひとり、楊貴妃が毎日食べていたといういわれのある歴史ある美容フードなのです。

ゴジベリー(クコの実)のスゴイ栄養素

ゴジベリーに含まれる栄養素はこんなにたくさん!

ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
ニコチン酸(ビタミン3)
カロテノイドの一種ゼアキサンチン
アミノ酸の一種ベタイン
ポリフェノール など

とにかくたくさんの栄養素がつまっているのです。

ゴジベリー(クコの実)の効能

抗酸化作用でアンチエイジング効果あり

クコの実には、抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンA・Eが豊富で、さらにはカロテノイドも含まれています。

そのため抗酸化作用が強く、老化防止・病気の予防などエイジングケアに効果があるとされています。

楊貴妃が毎日食べていたというのも、このアンチエイジング効果を期待していたからだと言われています。

生活習慣病の予防効果あり

ベタインには抗脂肪肝作用があるといわれています。
さらにゴジベリーの水抽出物には血圧降下作用が認められているので、肝硬変や高血圧などの生活習慣病の予防効果も期待できるのです。

ゴジベリー(クコの実)のおすすめの食べ方

日本ではゴジベリーよりもクコの実という言い方が一般的ですよね。

クコの実として、購入したら、もちろんそのまま食すことができます。

おなじみ杏仁豆腐に乗せたり、薬膳料理にいれたりするのが一般的ですが、家庭でたべるとなると、どんな料理に使ったらいいのか悩みますよね・・・。

そんな方にお勧めなのが、クコの実をごはんに混ぜておにぎりにすることです!

お塩も少し加えると尚おいしいです!

簡単ですので、だまされたと思って、試してみてください!

せっかくアンチエイジング効果がきたいできるので、毎日摂取するのが理想的ですよね!

他にもおすすめの食べ方を見つけたら、随時ご紹介していきますね♪