スーパーフード

アマランサスの簡単な炊き方!キヌアに勝る効能もスゴイ

スーパーフードとしてキヌアはとてもゆ名ですが、実はさらにスゴイ穀物系スーパーフードがあるんです。

そでが「アマランサス」です。

キヌアに比べて認知度も高くないですが、キヌアと同じく炊いて食べる穀物なのです。

しかもこのアマランサスのすごいところは『スーパーグレイン(驚異の穀物)』とよばれているんです。

アマランサスはキヌアと比べて、スーパーなどのお店では見つけにくいかもしれませんが、どこかで見つけたら即買い!ですよ!!!

ではそんなアマランサスの食べ方(炊き方)をまずは見ていきましょう!

アマランサスの炊き方

分量:アマランサス1カップに対して、お水1.5カップ、塩ひとつまみ

1.アマランサスをざっと水で洗います。(お米を研ぐほどしっかり洗わなくて大丈夫です)

2.鍋にアマランサス、水、塩を入れて沸騰させる。

3.沸騰したらふたをし、やや強火(ふきこぼれない程度)で5分、とろ火で15分炊く

4.炊き上がったらしゃもじでほぐしてできあがり!

そもそもアマランサスとは?

アマランサスは、南米が原産のハゲイトウという植物の仲間です。
食べるのは種の部分でとても粒が小さいのですが、スーパーグレイン(驚異の穀物)と呼ばれるくらい栄養価が高いのです。

アマランサスは、日本国内だと岩手県軽米市町で栽培されているのだそうです。

キヌアと似ていますが、粒がより細かいのがアマランサスです。

アマランサスのスゴイ効能とは?

便秘解消がに効果あり!

アマランサスには便秘解消効果があるといわれています。

便秘を改善といえば、食物繊維を積極的に摂取するのが効果的なのは有名ですが、アマランサスには、食物繊維が精白米の約15倍も多く含まれているのです。

便秘で悩んでいる方は試してみる価値ありですね!

アレルギー反応が少ない

アマランサスは小麦と違ってアレルギー反応が少ないことからも欧米ではすでに注目されあています。
細かくパウダー状にして小麦粉の代用品としても食されているんです。
もちろん栄養価も高いままですので、ヘルシーフードとしても人気が高まっています。

脂肪燃焼効果もあり!

アマランサスにはタンパク質が多く、体内で合成することのできない必須アミノ酸が含まれています。

その中でも特に注目されているのが「リジン」という必須アミノ酸です。
これは米や小麦には含まれないアミノ酸で、脂肪を分解する作用のある酵素「リパーゼ」の働きを活性化させる働きがあります。