スーパーフード

カムカムはスーパーフルーツ?すごすぎる効能とおいしい食べ方とは

「カムカム」というスーパーフルーツがじわじわ注目されていますよね!?

スーパーフードや健康食品に興味のある方なら知っていると思いますが、まだまだ一般的には認知度は低め・・・ですよね。

カムカムは一体何かというと、フルーツなのです。
日本スーパーフード協会でも紹介しているスーパーフードの一つなのです。

ではカムカムについてもう少し詳しく見ていきましょう!

そもそもカムカムとは?

カムカムは、南米ペルーのアマゾンに自生する、フトモモ目フトモモ科の常緑低木植物です。

さくらんぼのような赤く小さい果実が特徴で、カムカムベリーと呼ばれています。
カムカムと呼ばれるものは、一般的にこのカムカムベリーのことを指しています。

カムカムのビタミンCは世界一!

カムカムは、100gあたり約2,800mgものビタミンCが含まれています。

これは、他のどのフルーツよりも多く、世界でもっともビタミンCを多く含むフルーツといわれているのです。

具体的に言うと、そのビタミンCの量は・・・
レモンの約56倍!!
いちごやキウイフルーツの約40倍!!

体内で合成できないビタミンCを効率的に摂取するには最適な食べ物と言えます。

個人的には、レモンよりビタミンCが多いということに驚きです!!

カムカムにはビタミンCのほかにもたくさんの栄養素が含まれています。
それは・・・
ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、カルシウム、リン、アミノ酸のバリン、ロイシン、セリン、クエン酸やポリフェノール類のエラグ酸など。

ビタミンCだけでもすごいのに、他にもこんなにたくさんの栄養素を含んでいるなんて、さらに驚きです。

カムカムの効能は?

アンチエイジング効果あり!

ビタミンC  は、抗酸化作用にすぐれた水溶性ビタミンです。また、ポリフェノール類のエラグ酸も強い抗酸化作用を持つといわれており、これらを多く含んでいるため、アンチエイジングなどの効果が期待できます。

血液サラサラに!

さらにビタミンCは血中コレステロールを減少させることができますから、血液がサラサラになるという効果も期待できます。

美白・美肌にも一役!

ナイアシンは肌や粘膜の保護、ビタミンCや必須アミノ酸のバリン、ロイシン、セリンは肌のハリの保持に効果が期待できます。

また、エラグ酸はメラニン色素の生成を抑える作用を持っています。これらを多く含んでいるため美白効果が期待できます。

カムカムのおいしい食べ方(飲み方)

カムカムを濃縮したカムカムドリンクが販売されています。

水や炭酸水などで割って飲むととってもおいしいです。

なかなかカムカムの果実を売っているところを見かけないので、ドリンクのほうが手に入りやすいかもしれません。

牛乳で割るのも、おいしいです。だまされたと思ってやってみてください♪

カムカムの酸味が加わるので、ヨーグルトっぽい味になります。

また、カムカムの100%果汁というものも販売されています。

これはレモン果汁のように、サラダや揚げ物にかけてもおいしいです!

まとめ

カムカムの栄養素や効能について説明してきましたが、これだけみても、スパーフルーツと呼ばれる理由がよくわかりますね。

いいことづくめのカムカム。
見つけたら、ぜひ買って試してみてださい!