話題のニュース

キリンビール布施社長の死因はコロナワクチンか?サッポロとサントリー社長の弔意内容

キリンビールの布施孝之社長が2021年9月1日、61歳という若さで死去したニュースが飛び込み、世間に衝撃を与えました。

キリンビールといえば、「一番搾り」「本麒麟」「淡麗」「氷結」などなど、仕事で疲れた多くの人々の喉を潤してきたビールをたくさん販売していますよね。

布施社長の死因は心室細動であると公表されていますが、一部ではコロナワクチンのせいなのでは?なんて憶測も飛び出しています。

なぜそんな噂が出てしまったのか?

そのあたりの現在飛び交っている気になる情報をまとめてみました。

キリンビール布施孝之社長の死因はコロナワクチン副反応のせいなのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

キリンビール(@kirin_brewery)がシェアした投稿

キリンビールの布施孝之社長が61歳の若さで死去したことから、その死因についていろいろな憶測が飛び交いました。

キリンホールディングスが正式に公表している布施社長の死因は心室細動とのことです。

キリンビールでは新型コロナワクチンの職域接種を行っており、布施社長もワクチン接種をおこなっており、その副反応で死亡したのではないかという噂がネット上に広がったようです。

ワクチン接種を行った後に亡くなった方の死因の多くが、布施社長の死因と同じ心室細動だったことから、コロナワクチンの副反応が死因なのではないかという噂が出回ったのです。

コロナワクチンを接種したことで、心筋炎を引き起こし、その延長として心室細動も引き起こすことがあるそうです。

これはあくまでも噂ですので、本当のところはわかりませんが、コロナワクチンのせいかと疑ってしまうのも無理はありませんね。

キリンビール布施社長死去 サッポロとサントリー社長の弔意内容

キリンビール布施社長の死去に際し、同じく飲料メーカーのサッポロとサントリーが弔意を示しました。

その内容がこちら。

サッポロビールの野瀬裕之社長の弔意

「コロナ禍で日本経済全体が大変な影響を受けている中にあっても、常に精力的に活動され、また、そのお人柄から、お得意先はじめ多くの方々からの信頼も集めていたことに、尊敬の念を抱いた」

「業界発展のためにまだまだご活躍されるものと思っており、これからも多くの学びを頂戴したいと考えていただけに、本当に残念で、悲しみに耐えない」

サントリーホールディングスの新浪剛史社長の弔意

「同年代の経営者として惜別の念を禁じ得ない。布施社長は、コロナ禍という逆境の中でも、新たな価値を提案するなどビール業界全体の活性化に御尽力されました」

ライバル会社でもありながら、互いに切磋琢磨しあって業界を一緒に盛り上げた同志という感じが伝わってきます。

こういう文章をみると、泣けてきますね・・・

大手企業の現役社長が突然の死去という訃報は、世の中のサラリーマンをはじめ、一般人にも大きな衝撃を与えましたが、それ以上に同じ業界の同世代の社長がたちに与えた衝撃は大きかったのだと思います。

今はただただ布施孝之社長のご冥福をお祈りいたします。

最後にキリン一番搾りのCM動画をどうぞ!

キリンビールCM動画

一番搾り生ビールのCMです。

「おいしそう~!!!!!」

これを見ると、ほんと今すぐにでもビール飲みたくなっちゃいますよね!

またキリンビール買おう!と思いました!