歌手

ZARDの坂井泉水が死去した原因は謎だらけ!当時の状況と現場となった場所は?

ZARDの楽曲が音楽配信サービスでついに聴けるようになりましたね!

サブスク解禁されたZARDの楽曲は全部で389曲!!

バージョン違いなどあるそうですが、それを含めたとしても、全部で389曲ってすごいですよね!

確かボーカルの坂井泉水さんはだいぶ前に亡くなったはずですが、生前そんなに楽曲を発表していたなんてビックリです!

現在聴ける音楽配信サービスは、Apple Music、Spotify、LINE MUSICのようです。

Amazon Musicでも配信してほしいと思っているのは私だけではないはず!

そんな素晴らしいが曲をたくさん世に残した、ZARDの坂井泉水さんですが、死去した当時、事故死なのか自殺なのか・・・とかなりニュースになっていました。

私も当時のことを結構よく覚えているので、ちょっとまとめてみました。

ZARDの坂井泉水が死去したのはなぜか?死去した現場は?

ZARDの坂井泉水さんが亡くなって15年が経ちました。

当時メディアで発表されていた内容はというと・・・

  • 死去した日時:2007年5月27日(享年40歳)
  • 発表された死因:脳挫傷
  • 死去した場所:慶応大学病院の駐車場(非常階段から転落)

実はZARDの坂井泉水は当時、子宮頸がんを患っていました。

死去する前年の20006年、子宮頸がんを発症し、一度は快方に向かいましたが、その後肺への転移がみられてたため、2007年4月に再入院していました。

その入院先が東京都信濃町にある慶応大学病院だったのです。

警視庁によると、坂井泉水が死去した2007年5月26日午前5時40分ごろ。

警視庁によると、「坂井さんは26日午前5時40分ごろ、東京都にある慶応大学病院の駐車場で、頭から血を流してあおむけで倒れているところを通行人に発見された」と発表しています。

坂井泉水は病棟脇にある非常用スロープ(高さ約3メートル)から転落したとみられています。

これを受け、坂井泉水は自殺したのか、それとも非常用スロープからうっかり転落してしまったのか?という謎が広がりました。

ZARD坂井泉水は事故死?それとも自殺したのか?

慶応大学病院の関係者は坂井泉水の死亡した状況をみて、自殺なのではないかと話しているそうです。

その訳は・・・

  1. 患者が早朝に非常階段、非常通路に出入りすることは通常ない
  2. 雨が降る早朝に散歩することも自然である(坂井泉水さんが死去した日は雨が降っていた)

以上のことから、現場となった慶応大学病院の関係者は、自分の意志でスロープを乗り越えて転落したとしか考えられないと語っているそうです。

しかし、乗り越えたとされるスロープは1階部分にあり、自殺する場所にしては地面との距離が近すぎるため、自殺場所に選ぶというのはなかなか考えにくいため、やはりスロープに腰掛けようとした際に、誤って滑って頭から転落したのではないかとも言われていました。

他にも、坂井泉水さんは遺書もなく、身辺整理など何もしておらず、音楽活動復帰に向けて意欲を見せていたと音楽関係者が語っており、事故死という説も有力となってきました。

自殺なのか、事故死なのかは、本人のみぞ知る・・・

結局、自殺にしても事故死にしても不自然な点がたくさんあるため、真相は闇に包まれたままとなってしまいました。

目撃者がだれもいないため、周りの者が何を語っても憶測になってしまいますが、自殺が有力であるという説と、事故死が有力だという説の両方が、坂井泉水さんが亡くなって15年たった今、残り続けているのです。

自殺にしても事故死にしても、それほど高くない場所から転落して亡くなってしまったということは、頭の打ちどころが悪かったとしか言いようがありません。

当時がん治療のため、入院していたわけですから、色々な薬を服用していて、体力も落ちていたはずです。

もしかしたら意識も朦朧としていたのかもしれません。

とにかく、坂井泉水さんの死去に関しては謎なことが多すぎます。

警察は最終的には事故死ということで、調べを進めることとなり、このニュースも結局のところは事故死だったということで、世間の話題からは次第に消えていきました。

しかし、今でもなお、自殺だったのではないかという噂も消えずに残り続けているのです。

ZARD謎の坂井泉水死去から15年!ついに楽曲がサブスク解禁に!

坂井泉水の死去には謎が多く、最後に暗いイメージを残してしまいました。

そんな坂井泉水さんですが、ZARDとして数々のヒット曲を連発しているのはよく知られていますが、なんと、今回サブスクに解禁された曲は全部で389曲!!

そんなにあるなんて凄すぎですよね!!

また、坂井泉水さんの儚くもきれいな歌声を、気軽に聞けるようになるのはとっても嬉しいですね!

ZARDを知らない若い世代にも響く歌がたくさんあるので、これから再びブレイクしてしまいそうな気がしますね!