PR
生活

薬剤師国家試験(109回)ボーダーラインは?難易度やや高めか?

薬剤師国家試験(109回)ボーダーラインは?難易度やや高めか?

第109回薬剤師国家試験が行われ、自己採点をしてみた結果、自分はボーダーラインの上にいるのか気になっている人が多いようです。

薬剤師試験は毎年変化する内容や出題傾向、合格基準などがあり、受験者にとっては非常に難しい試験と言われています。

では。2004年の第109回薬剤師国家試験のボーダーラインは何点と予想されているのか?

難しかった世の声が多く上がっていますが、難易度はどのくらいなのか?

この記事では、薬剤師国家試験(第109回)のボーダーライン、難易度、合格率など、気になることをまとめています。

薬剤師国家試験(109回)ボーダーラインは?

第109回薬剤師国家試験のボーダーラインは何点かというと・・・

【合格点予想】215点前後と予想 (ここ数年の中でやや低めと予想)

薬剤師国家試験のボーダーラインは、試験の難易度や受験者の実力によって変動します。

ただ、過去の傾向から推測すると、215点~220点くらいがボーダーラインとなることが多いですが、109回は難しかったと感じている人が多いため、ここ数年の中でも低めのボーダーライ215点前後になるのではの予想が多かったです。

前回の第108回の合格点は過去最高の235点でしたが、109回は昨年の合格点より下回るとの予想がされています。

では、参考までに、過去のボーダーラインとなった合格点も見ていきましょう!

【薬剤師国家試験】過去のボーダーライン・合格点は?

薬剤師国家試験の過去のボーダーライン(合格点)は以下の通りです。

~薬剤師国家試験、過去のボーダーライン~

年/回 ボーダーライン(合格点)
2023年/108回 235点
2022年/107回 217点
2021年/106回 215点
2020年/105回 213点
2019年/104回 225点
2018年/103回 217点

2023年108回が突出して高い合格点となっていますが、他は215~220点程度です。

では、第109回薬剤師国家試験の難易度についても、続いてみていきましょう!

薬剤師国家試験(109回)難易度は?

第109回薬剤師国家試験の難易度はというと・・・

【難易度】例年よりやや難易度高め

難易度については、例年以上に丸暗記や過去問だけでは通用しないような新傾向の問題が多く出題されたという声があります。

しかし、例年と比べると同じくらいの難易度だったと感じた人もいたようですが、多くの人が難しかったと感じているようです。

多くの人が難しかったと感じている場合は、その分合格点も下がることが予想されますので、望みを捨ててはいけません!

薬剤師国家試験(109回)合格率は?

第109回薬剤師国家試験の合格率はどのくらいかというと・・・

【合格率予想】68%~70%程度と予想(例年通りの合格率)

合格率については、過去5年間は68%~70%台で推移しており、大きな変動はありませんでした。

109回もボーダーラインは少し下がるのではとの予想がでていますが、合格率については例年通り68~70%程度になるのではという予想が大半でした。

ちなみに、前回の第108回は69.0%でした。

新卒者と既卒者では大きな差があり、新卒者は84.9%、既卒者は43.7%でした。

過去の傾向から見ても、新卒者の合格率の方が既卒者の合格率よりも高いようです。

【薬剤師国家試験】過去の合格率は?

薬剤師国家試験のここ数年の合格率は以下の通りです。

~薬剤師国家試験・合格率~

年/回 受験者数 合格者数 合格率
2023年/108回 13,915 9,602 69.00%
2022年/107回 14,376 10,173 70.76%
2021年/106回 13,579 9,519 70.12%
2020年/105回 13,243 9,217 69.58%
2019年/104回 14,949 10,740 71.84%
2018年/103回 14,316 9,050 63.17%

2018年の103回がやや合格率が低めですが、それ以降は70%前後の合格率になっています。

2024年も難易度こそやや高めだったと言われていますが、合格率に関しては、例年並みになるのではとの予想が多かったです。

error: Content is protected !!