鬼滅の刃

鬼滅の刃の那田蜘蛛山編に登場する母蜘蛛の可愛いところをまとめてチェック!

鬼滅の刃、「鼓屋敷編」の次は「那田蜘蛛山編」!

那田蜘蛛山編はアニメ版の15話~21話で、構成されているお話です。

新たな任務として主人公・竈門炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助が那田蜘蛛山に向います。

そこで、蜘蛛の能力を持つ鬼の一家に鬼殺隊員たちが全滅しそうになっているところを目の当たりにします。

圧倒的な強さの鬼と戦うこととなり、炭治郎たちにも危険が迫る・・・というお話です。

そんな那田蜘蛛山編には、またしても「可愛い」と言われるキャラクターが登場するのです。

それは母蜘蛛です。

では母蜘蛛がなぜ可愛いと言われるのか、その訳をまとめてみました。

鬼滅の刃「那田蜘蛛山編」に登場する母蜘蛛が可愛いと言われる訳とは?

母蜘蛛が可愛いと言われる訳 ①容姿が可愛い

鬼滅の刃の「那田蜘蛛山編」に登場する母蜘蛛が可愛いと言われる訳にはいろいろありますが、まずは単純に容姿が可愛いという点です。

母蜘蛛の前に登場する十二鬼月の下弦の伍・累の容姿もなかなか可愛いのですが、累は家族を作る際に、その相手を自分に似た容姿に変えてしまうため、母蜘蛛の容姿も累に似て可愛いと言われています。

蜘蛛鬼である累も整った可愛いらしい顔立ちをしていますが、母蜘蛛は累よりも幼い顔立ちで、さらに可愛さが増している気がします。

ちなみに累は父・母・兄・妹という偽りの家族を作り、群れを成して生活しているのですが、その家族の中でも母蜘蛛が特に可愛いのです。

偽りの家族ですので、容姿は似ていても本当の家族ではないというところがちょっと悲しいところですけどね。

そして、なんといっても母蜘蛛はスタイルが抜群に良いので、顔だけでなく、容姿全体が可愛いと言われるのもうなづけます。

母蜘蛛が可愛いと言われる訳 ②セリフが可愛い

那田蜘蛛山編に登場する母蜘蛛のセリフ、言葉遣いが可愛いのです。

特に「可愛い!」と言われるセリフをいくつか挙げてみると・・・

「さぁ私の可愛いお人形たち」「手足がもげるまで踊り狂ってね」

「大丈夫よ!!」「母さんはやれるわ!!」「必ずあなたを守るから!!」「父さんはやめて!!父さんは・・・」

などなど。

「お人形・・・」と人形にきちんと「お」をつけて「お人形」というところや、「大丈夫よ」「やれるわ」など随所に女性らしい言葉遣いをしているところが、可愛いのです。

確かに、鬼なのに話し方や言葉遣いに可愛いらしさがあるとなんだかキュンとしますね(*^^*)

累のために付き添っている姿も、鬼であっても可愛さが残っているのです。

母蜘蛛が可愛いと言われる訳 ③元々の姿が幼い子供だから

実は母蜘蛛の元の姿は、幼い年ごろの子供の鬼なのです。

累の要望により、大人の女性に姿を変えているのです。

そのため、力がそれほど強くなく、累の要望に応じきれないことが多々あり、家族から暴力を振るわれたり、馬鹿にされたりと立場や弱いのです。

暴力を振るわれた際に、怯えて泣きじゃくったり、癇癪を起したり、子供っぽい一面を見せるのも元々の姿が幼い子供であることが理由なのです。

子供っぽい幼い言動が多々見られる点も、他の鬼と違って可愛らしいと思わせる理由おひとつになっているのですね。

鬼滅の刃の「那田蜘蛛山編」予告動画はこちら

鬼滅の刃「那田蜘蛛山編」は、蜘蛛鬼である二鬼月で下弦の伍の「累」が登場するのがメインのお話ですが、そこに出てくる母蜘蛛の可愛さもぜひご堪能ください!

そして、さらに炭治郎と妹・禰豆子が力を合わせて戦うことで、兄妹の真の絆が見られる場面もあり、そちらも見どころの一つです。

鬼滅の刃ファンの中でも人気の高い「那田蜘蛛山編」ですので、ぜひ母蜘蛛にも注目して、もう一度ぜひ見てみてください!