婚姻届に判を捺しただけですが

婚姻届けに判を捺しただけですがの原作は大人気漫画?韓国ドラマという噂はホント?

「婚姻届けに判を捺しただけですが」略して「ハンオシ」がドラマ化されましたね!

原作は漫画のはずですが、韓国ドラマが原作になっているのでは?

なんて噂もあるので、そのあたりも調べてみました!

婚姻届けに判を捺しただけですがの原作は?

「婚姻届に判を捺しただけですが」が清野菜名さん、坂口健太郎さん主演でドラマ化されました!

さわやかな美男美女のお二人が主演ということもあり、放送前からすでに話題となっていますね!

出演者も素敵な方が多いですが、原作漫画も大人気です!

その原作漫画はこちら!

有生青春さんの人気コミック「婚姻届けに判を捺しただけですが」が原作です。

原作漫画とドラマも同じタイトルですね!

「不意キュン偽装夫婦のラブコメディー」

というキャッチコピーがあるとおり、「不意キュン♡」がどこで出てくるのか期待が膨らみますね(笑)

婚姻届けに判を捺しただけですが!第一はあらすじは?

デザイナーの明葉(清野菜名)は家に帰ると楽な部屋ぎに着替え、ソファーでビールを飲むようなおひとり様最高女子!

自由気ままな生活を満喫していました。

ある日同僚とランチ中に、他人のプロポーズ&思いっきり振られる現場を目撃!

その夜、飲み会の席で、思いっきり振られていた百瀬(坂口健太郎)と遭遇するところから物語がスタートします。

振られたことなどなかったかのように、結婚観についてグイグイ明葉に質問する百瀬。

すると、突然、「僕と結婚してみませんか?」とまさかのプロポーズ発言!!

いい加減なプロポーズに怒り浸透の明葉であったが、祖母が突然倒れたとの連絡が入りなぜか百瀬と病院へ向うことに。

そこで百瀬のカバンから婚姻届けが出てきて、祖母は二人が付き合っていると勘違い・・・

祖母にショックを与えたくなくて、婚姻届けに「書くだけなら・・・」と悩み始めるのです。

なんとも、漫画らしいあり得ない展開のお話ですよね!(笑)

でもそんなところが魅力でいきなり、展開が早くて1話からドキドキですよね(*^^*)

婚姻届に判を捺しただけですが! 韓国ドラマが原作という噂はどこから?

有生青春さんの人気コミックが原作であることは明らかなのですが、なぜ韓国ドラマが原作であるというような噂が出回ってしまったのでしょうか?

韓国ドラマが原作という噂はどうやら坂口健太郎さんが以前韓国ドラマの日本版リメイクドラマに出演していたことが原因のようです。

坂口健太郎さんといえば、韓国ドラマ!と思い浮かべてしまう方も多いようで、韓国ドラマの印象がまだまだかなり強いようなのです。

ちなみに坂口健太郎さんが出演していた韓国ドラマの日本版リメイクドラマとは・・・

シグナル長期未解決事件捜査班です。

このドラマの原作が、韓国ドラマの「シグナル」なんだそうです。

「シグナル」は韓国ドラマの歴史を塗り替えたヒューマンドラマの最高傑作!

と言われるほど、大ヒットしたドラマなのです。

「シグナル長期未解決事件捜査班」も坂口健太郎さんの代表作ともいえる作品で、とても人気が高かったことから、また坂口健太郎が主演のドラマが始まる!!!っということはきっとまた韓国ドラマのリメイク版だ~!!!

っと早とちりしてしまった人がことのほか多かったようなのです。

「婚姻届けに判を捺しただけですが」は韓国ドラマのリメイクではなく、有生青春さんの人気漫画が原作ですので、そこだけはお間違いなく(*^^*)