妻、小学生になる

ネタバレ有【妻、小学生になる】第10話・最終回のあらすじと感想!貴恵との最後の1日。最後の言葉「おやすみ」が泣ける

白石万理華の体を借りていた貴恵でしたが、ついに万理華に体を返す時が来てしまった「妻、小学生になる」。

ついに最終回です。

貴恵のいない新島家はどうなってしまうのか?

貴恵が万理華の体を借りて現れたことの意味を見つめなおす感動の最終回です。

ネタバレ有【妻、小学生になる】第10話・最終回のあらすじ

妻・貴恵(石田ゆり子)が、「生まれ変わった」と白石万理華(毎田暖乃)の体を借りて戻ってきた奇跡を経た圭介(堤真一)と麻衣(蒔田彩珠)。

万理華の体から貴恵が消えてしまい、圭介と麻衣の二人暮らしに戻る。

これからの人生は貴恵がくれたものを見て、前を向いて歩いて行こうと決めた2人だったが…。

そんな矢先、もう一度家族んい合いたいと願った貴恵は最後に1日だけ万理華の体を借りて、圭介たちとの再会を果たす。

生前、店を開きたいと思っていた貴恵のために、圭介は、新島家を1日だけレストランに改装する。

守屋(森田望智)や寺カフェのマスター(柳家喬太郎)たちを招き、みんなで楽しい一時を過ごした。

みんなが“レストラン”から帰った後、貴恵、圭介、麻衣は、今ではすっかり手つかずになっていた新島家の農園を訪れることに。

そこで貴恵)たちは家族水入らずで語り合った。

その後、農園に一つの苗を植える。

そして、圭介は貴恵に「ありがとう。僕の妻でいてくれて」と伝える。

「おやすみ」と言って、圭介の腕の中で眠りにおちる万理華の姿の貴恵。

朝方までずっと農園にいた3人。

万理華が目を覚ますと、貴恵の魂は抜けていたのだった。

【妻、小学生になる】第10話・最終回へ!これまでの感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

毎田 暖乃(@maida_nono_official)がシェアした投稿

ついに最終回がきてしまいましたね。

とってもいいドラマだっただけに、終わってしまうのは本当に寂しすぎますよね(涙)

マスターの「生きてる人の方が大事だからね」という言葉は、とても刺さりましたね。

貴恵の存在がいかに大きかったとしても、もうすでに亡くなってしまっているという現実を受け止めて、今生きている周りの人をもっと大事にしないといけないんですよね。

なくしたものの存在が大きくて、そればっかり考えてしまうのもわかる。

でも貴恵がくれたものはもっとたくさんあって、そのくれたものを見つめて生きていこうと気持ちを切り替えることも大事なんだと気づかされました。

死という別れは生きていると必ず出会うことですが、それを乗り越えていくためのヒントをもらったような気がしました。

「妻、小学生になる」のドラマでは万理華の体を借りた貴恵とのやりとりにほっこりさせられていましたが、別れにはちゃんと意味があり、よい意味で生と死について考えさせられたドラマだったと思います。

【妻、小学生になる】第10話・最終回の感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

毎田 暖乃(@maida_nono_official)がシェアした投稿

最終回を観終わっての感想ですが、ほんと泣きっぱなしの最終回でした。

貴恵さんが現れたおかげで、新島家は前を向くことができた。

万理華の時間を奪ってしまったのは事実ですが、そのことがきっかけで千嘉と万理華の関係も再度見直すことができたし、圭介も麻衣も生きていく力をもらうことができましたね。

だから、やはり貴恵が現れたことには大きな意味があったのですね。

ほんと、私もずっと泣きっぱなしでしたよ。


思い出って、ついそのまま置いておきがちになってしまいますが、大切に使うほうがいいんだって、私も改めて思いました。

ほんと、色々考えさせられるドラマでしたね。

【妻、小学生になる】第10話・最終回後編の予告動画はこちら

「妻、小学生になる」ついに最終回です。

貴恵がいなくなり、圭介と麻衣の二人の生活が始まった矢先、貴恵と再び出会うという奇跡が起きる新島家。

そして、今度は本当の別れが・・・。

最終回はどんなラストが待っているのか?涙なしではみれなさそうですね。

ネタバレ有【妻、小学生になる】第9話・最終回前編のあらすじと感想!貴恵のいない新島家はどうなる?いよいよ物語もクライマックスを迎えた「妻、小学生になる」。 ついに万理華の身体から貴恵が消えてしまいましたね。 貴恵が新島家...
【妻、小学生になる】寺カフェでの話題の「映り込み」を画像でチェック!毎田暖乃の大人びた演技が話題の「妻、小学生になる」。 ドラマの中でもたびたび登場する寺カフェ「喫茶タイム」での演出が話題となってい...