となりのチカラ

ネタバレ有!松本潤主演「となりのチカラ」第8話のあらすじと感想!第8話は長尾謙杜回と話題!

松本潤さん演じる中越チカラが近所で起こる問題を解決に導くちょっとおせっかいだけど、憎めないお話「となりのチカラ」。

ご近所問題だけでなく、今度は家庭内での問題も勃発して、頭を抱えているチカラ。

第8話でもまだまだ問題が勃発します。

どう解決に導いていくのか?第8話もあらすじ見ていきましょう!

ネタバレ有!松本潤主演「となりのチカラ」第8話あらすじ

 家出中の妻・灯(上戸彩)から出された3つの課題。

  • 「仕事を辞めていいのか」
  • 愛理(鎌田英怜奈)を怒鳴ったり叩いたりしていいのか」
  • 高太郎(大平洋介)を塾に行かせていもいいのか」

この課題が両肩に重くのしかかり、まったく仕事に集中できない中越チカラ(松本潤)

子どもたちに学校での様子などをさり気なく聞いてみるが、どちらの問題も解決には時間がかかりそう。

その上、道尾頼子(松嶋菜々子)マリア(ソニン)らマンションの住人たちからも総スカンを食らっていることを思い出し、ますます落ち込んでしまうチカラだった。

そんな中、認知症を患う柏木清江(風吹ジュン)が、孫の託也(長尾謙杜)が介護のために大学進学を諦めようとしていることを知ってしまう。

そして自ら「介護施設に入る」と言い出す。

震災後に引き取って以来、懸命に育ててきた託也と離れたくはないという気持ちと、徐々に進行する症状によっていつか託也の顔までわからなくなってしまうのではないかという不安の狭間に立たされる清江。

その矢先、清江がマンションからいなくなってしまった。

住人たちが総出で清江を探す中、なんと清江を見つけたのはマリアから連絡をもらっていた灯だった…!

なんとか見つかりマンションに戻った清江。

しかし清江は、住人たちはおろか、託也のこともわからないほど混乱してしまっていた。

それでも施設への入所をためらう託也に、チカラはある思いを伝え始める。

そして灯から出された課題とあらためて真剣に向き合ったチカラ。

家族の問題に、ついに答えを出すときが来て…?

松本潤主演「となりのチカラ」第8話へ!これまでの感想

そうなんですよね。これは多くの世の女性たちが思ってることなんですよね。

めちゃくちゃ共感しちゃいました。

ホントその通り!

最初に引き受けちゃうと、そこからいつの間にか当たり前になっちゃうんですよね。

感謝とか有難みをすぐ周りは忘れてしまう。

感謝されたくてやるわけじゃないけど、何かしてくれる人に対して、感謝の気持ちを持てる人間でありたいと思う・・・。

このドラマで松本潤さんの新たな一面が見れた感じがしますよね。

これまで、クールなイケメンキャラや役柄のイメージが強いですが、歳を重ねてきて、幅が広がって人間味が増して益々いい俳優になっている感じがしますね(*^^*)

「となりのチカラ」第8話は長尾謙杜回が大活躍!

「となりのチカラ」でこれまでもいい味出してきた長尾謙杜さん。

そんな長尾謙杜さんが第8話では特に大活躍します。

認知症のおばあちゃんとの暮らし・・・どうなってしまうのでしょうか?

長尾謙杜がたくさん出演する第8話、注目している人も多く話題になっていますね!

どんな展開になっていくのか楽しみです(*^^*)

松本潤主演「となりのチカラ」第8話の予告動画はこちら

「となりのチカラ」第8話!

認知症の清江の行動もきになりますが、チカラはどんな行動を見せてくれるのか??

第8話の展開も楽しみですね!

ネタバレ有!松本潤主演「となりのチカラ」第7あらすじと感想!灯が実家に帰っちゃう?チカラだけでなく、灯の存在感もかなりでてきた「となりのチカラ」。 第7話ではついに灯がチカラのもとを離れてしまう衝撃展開!! ...