ナンバMG5

【ナンバMG5】第4話のネタバレあらすじと感想!剛がまた仲間を助ける

ヤンキー一家に生まれ、家族の前ではヤンキー、高校では真面目な生徒という「二重生活」を送る姿を描く「ナンバMG5」。

小沢としおさん原作の漫画が実写版ドラマなりました。

難破家がなんだかんだ家族愛溢れるいい家族だったり、愛犬の松もめちゃくちゃかわいかったり、見どころ満載!

ってことで、第4話もあらすじ見ていくんでヨロシク!!

【ナンバMG5】第4話のネタバレあらすじ(前半)

「男なら自分で正体明かせ。でねえといつか、みんなを傷つけることくらい、テメエだってわかってんだろ」

難破剛(間宮祥太朗)は、千鳥商業の大丸大助(森本慎太郎)から言われた言葉が頭から離れない。

「描きかけの絵をほったらかしにして いなくなるような人は美術部にはいてほしくない」

と美術部部長の東ミチル(加藤諒)から言われ剛が美術部から追い出されてしまたことを心配していた藤田深雪(森川葵)。

深雪は、一緒に行くから部長に謝ろうと提案する。

剛は、そんな深雪に、コンクールに出展する予定だった絵を完成させると約束した。

そして、その時には深雪にも言わなければならないことがある、と返す。

剛は自分が特服の男だと告白しようと決めていたのだ。

一方、大丸は幼いころからのツレで、同じ高校に通う斎藤ヒロ(一條恭輔)が市松高校の伍代直樹(神尾楓珠)にやられたと知る。

伍代が卑怯な手を使ってヒロを痛めつけたと聞かされた大丸。

大丸は、人数を集めて市松高校に乗り込もうとする2年の郷田健吾(うえきやサトシ)を制し、「伍代はオレがやる!」と宣言した。

大丸は、工事現場で伍代と対峙する。

伍代にとっては身に覚えのない話だった。

それは千鳥の郷田と市松の沢田護(松倉央季)が仕組んだワナだったのだ。

ヒロを伍代に紛した沢田の手下に襲わせて、大丸に伍代を憎ませ、2人がタイマンするように仕向けたのだ。

【ナンバMG5】第4話のネタバレあらすじ(前半)

そんな争いの後、剛は本屋で万引きしようとする関口正宏(岩男海史)を目撃。

現在、現在高浜東陽高校の特待生の関口は、同級生の堀田ミツオ率いる東陽のエリートたちから万引きをさせられたり、陰湿ないじめにあったいたのだ。

万引きに失敗してしまい、暴行を受ける関口を剛は放っておけなかった。

中学時代、ヤンキーばかりのクラスのなかで、「建築士になりたい」という夢に向かって黙々と勉強に励んでいた姿が、剛が「脱ヤンキー」を目指すきっかけとなったのだった。

「関口、もしお前さえよかったら、オレがあいつらやってやろうか?」

そう剛に言われた、関口は少し嬉しそうな顔をした。

またしても堀田ミツオたちに暴行されて、倒れている関口を剛が発見。

「難波君が味方になってくれたから、僕いえた…。オマエらの言うことなんか聞かないって言ってやった!」

と関口は泣きながら言った。

剛は関口の仇を打つために、特服でミツオ達を呼び出すと、金で雇われたヤンキーに鉄棒で頭を殴られるが瞬殺する。

入院した関口を見舞う剛の前に、ミツオが見舞い品をもって現れた。

ミツオは剛が特服の男と知らなず、「どうやって特服を手なずけたのか」とと関口に聞いてきた。

関口は激高し、「友達だから助けてくれたんだよ!そんな友達、お前にいるのかよ!」といった。

帰宅した剛。

松が出迎えるが、剛志宛てに客が来ている様子。

てっきり伍代が来ていると思い部屋に入ると、見知らぬ男がいた。

【ナンバMG5】第4話へ!これまでの感想

【ナンバMG5】第4話の感想まとめ

ナンバMG5ついに第4話!!

伍代が“特服のアニキ”だと信じてる島崎も、なんかかわいいですよね(笑) 

そして、ついに剛はヤンキーと普通の高校生の二重生活について、藤田さんたちに告白しましたね。

そして剛と大丸のヤンキー同士の熱い友情になんかなけてきました(笑)

とにかく熱い友情が爆発した回でしたね!!

なんどでも見たくなっちゃいます(*^^*)

ネタバレ有【ナンバMG5】第3話のあらすじと感想!夏休みが終わり恋の三角関係がスタート!?ヤンキー一家に生まれ、家族の前ではヤンキー、高校では真面目な生徒という「二重生活」を送る姿を描く「ナンバMG5」。 小沢としおさん...