マイファミリー

【マイファミリー】最終回・第10のネタバレあらすじと感想!犯人もすごいが小春と実咲もすごい!!

二宮和也さんが主演する「マイファミリー」。

次々おこる誘拐事件に、予測不能な展開が続いていますね。

犯人誰なのか色々考察するのもこのドラマを楽しむ醍醐味!

ついにドキドキの最終回!

まずはネタバレあらすじから。

【マイファミリー】最終回・第10話のネタバレあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

びーたけ(@jgdgmgt124576)がシェアした投稿

未知留(多部未華子)が誘拐された。
犯人は温人(二宮和也)に、逃走中の東堂(濱田岳)と未知留の交換を要求。

温人は犯人を暴いてほしいと城(玉木宏)に頼み、自身は未知留を救うため、三輪(賀来賢人)とともに東堂への連絡を試みる。

果たして、どんな結末を迎えるのだろうか?

ついに連続誘拐事件が完結する。果たして犯人は誰なのか?

一体なぜ誘拐をしたのか?
家族が迎える未来は果たして……。

真犯人は、神奈川県警捜査一課長・警視の吉乃栄太郎(富澤たけし)だった。

吉乃は面倒見がよく、家に帰れない部下がいると家族のケアまでしていた。

その延長で刑事だった東堂の妻・亜希(珠城りょう)から育児の相談を受け、そのうちに不倫関係に。

そしてそれを東堂の娘・心春(野澤しおり)に気付かれ、写真を撮られてしまったのだ。

誘拐は心春の提案だった。

心春は吉乃と亜希の不倫現場を押さえた写真を吉乃に見せ、「二度とママには会わないでください」と伝えた。

そして、「私を誘拐してください。ママたちはこのままじゃ離婚しちゃいます。」

「でも、私が誘拐されたら私を心配してまた仲良くしてくれるかもしれません」と吉乃に自分のことを誘拐するように頼み込んだのだ。

吉乃はそんな心春からスマートフォンを奪い取り、写真データを消そうとする。

揉み合いになった拍子に、心春は階段から落下。

ここで心春は命を失ったと思われるが、吉乃はその後事件を風化させるために心春の営利誘拐を仕掛けた。

亜希のアリバイ供述が二転三転する。

それは実は、吉乃が裏で説得していたからだった。

亜希は吉乃が犯人だとは知らない。

娘が誘拐されていた時に浮気をしていた自分を責め姿を消したのだ。

失踪の直前「心春の元へ行きます」と亜希から吉乃に連絡があった。

吉乃は彼女が自殺をしたと確信し安心。

しかし、東堂が心春誘拐事件を模倣して温人の娘・友果(大島美優)を誘拐したことで、再び捜査が動き出していたのだった。

吉乃は東堂に犯行を続けさせることで罪を被せるつもりだった。

しかし、そこで思わぬ偶然が起きる。

それは阿久津晃(松本幸四郎)の娘・実咲(凛美)との対面だった。

心春の親友だった実咲は、当時彼女から亜希と浮気相手の写真を共有されており、時を経てその浮気相手が警察の人間・吉乃であったと気付く。

実咲は直接吉乃に連絡し、心春は何か事件に巻き込まれていたのかと尋ねる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

凛美(@rimi_kenon_official)がシェアした投稿

吉乃は写真データを回収するために実咲を誘拐する。

しかし実咲は自ら脱出を試みる。

しかし、高所から転落してしまう。

当初実咲も心春同様にどこかに遺棄するつもりだった吉乃。

しかし、落下した姿を見た吉乃はそれができなくなった。

そこで東堂に心春か実咲かの答えを託し、温人らが実咲の姿を見つけることとなったのだった。

【マイファミリー】最終回・第10話の感想!ついに犯人が!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

りこぴん💛(@ni_no06170617)がシェアした投稿

【マイファミリー】第9話のネタバレあらすじと感想・犯人考察!二宮和也さんが主演する「マイファミリー」。 次々おこる誘拐事件に、予測不能な展開が続き、残すところあと2話。 犯人誰なのか色...