元彼の遺言状

ネタバレ有【元彼の遺言状】第1話のあらすじと感想!生田斗真の一人二役が話題

綾瀬はるかさん主演ですでに話題のドラマ「元彼の遺言状」。

「元彼の遺言状」の原作は新川帆立さんリーガルミステリー小説です。

この作品は、宝島社主催の2021年第19回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞したすでに大人気の作品なのです。

原作ファンも多いこの作品がどう実写化されていくのか、楽しみですね(*^^*)

ネタバレ有【元彼の遺言状】第1話のあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌸🌸はる🌸🌸(@4810_harukafan)がシェアした投稿

剣持麗子(綾瀬はるか)は、大手法律事務所に勤務する敏腕弁護士。

企業法務を専門とする麗子。

麗子は、とにかく勝ちにこだわり、クライアントの利益のためには手段を選ばない剛腕ぶりで多大な利益を上げていた。

だが、その強引さが仇となって有力クライアントを失う羽目になってしまう。

麗子は、所長の津々井君彦からボーナスカットを言い渡されてしまった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#綾瀬はるか(@_ayshrk_)がシェアした投稿

その処遇に憤慨し、事務所を辞めると啖呵を切って飛び出した麗子。

麗子は“ひとり焼肉”で憂さ晴らしをする。

そこで、麗子は飲み仲間を求めて片っ端から知り合いにメールを送る麗子。

すると、大学時代の元カレ・森川栄治(生田斗真)から返信が……。

だがそのメールの中身は、「森川栄治は永眠しました」という訃報だった。

驚く麗子のもとに見知らぬ電話番号から着信が入る。

電話にでると、「久しぶりだね」っと相手がいう。

電話の相手は、全く面識がないはずの篠田敬太郎(大泉洋)という男だった。

篠田は、麗子に栄治のことで相談したいと話すのであった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@mamiyan66_がシェアした投稿

数日後、麗子は篠田と会うが、顔を見てもなお篠田のことを思い出せない。

一方、「変わらないねえ、麗子ちゃんは」となれなれしい態度を取る篠田。

篠田は、栄治と同じ大学のサークルの先輩で、軽井沢の別荘で病気療養していた栄治に誘われて別荘の管理人をしているという。

自室で死んでいた栄治を最初に発見したのも篠田だった。

篠田は、栄治が遺した奇妙な遺言状のことを麗子に伝えた。

そこには「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」と記されていたというのだ。

すると篠田は、「代理人になって僕を犯人に仕立ててほしい」と麗子に持ちかけるのだった。

【元彼の遺言状】第1話!みんなの感想

【元彼の遺言状】生田斗真の一人二役が話題!

「元彼の遺言状」の中で、ストーリーのカギの鍵を握る「元彼」である森川栄治を演じる
のが生田斗真さん。

さらに、栄治の兄、富治(とみはる)も演じることで話題となっていますね。

顔こそ同じですが、表情や雰囲気はしっかり別人の雰囲気が出ていますよね!

【元彼の遺言状】第1話の予告動画はこちら

「元彼の遺言状」ついに第1話が始まりますね!

始まる前から、話題なだけに、どんなストーリーになっていくのかとっても楽しみ!

期待大ですね!!!

https://keep-smiling8.com/motokarenoyuigonjou-episode2/