元彼の遺言状

ネタバレ有【元彼の遺言状】第3話のあらすじと感想!面白くなるのはここから!

綾瀬はるかさん主演で話題のドラマ「元彼の遺言状」。

「元彼の遺言状」の原作は新川帆立さんリーガルミステリー小説です。

この作品は、宝島社主催の2021年第19回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞したすでに大人気の作品なのです。

なんど最初こそちょっと不評・・・でしたが、面白くなるのは第3話から!!

というわけで、第3話のあらすじ見ていきましょう!

ネタバレ有【元彼の遺言状】第3話のあらすじ

麗子(綾瀬はるか)は、引き継いだ『暮らしの法律事務所』の雑用係として篠田(大泉洋)を住まわせることに。

だが、肝心の仕事の依頼は、離婚調停の相談など、金にならない案件ばかりだった。

そんな折、麗子のもとへ“武田信玄”を名乗る男から依頼の電話が入る。

そして、殺人事件があった秋須坂町の進藤不動産へと向かう。

殺されたのは進藤不動産社長の進藤昌夫(画大)だったことが判明する。

弁護士が来るまで何も話さないと言い張り、座っていたのが黒丑益也(望月歩)という青年だった。

黒丑は、ホストクラブ『戦国』で武田信玄という源氏名で働いているらしい。

黒丑は、3ヵ月前に自宅に訪ねてきた進藤から、立ち退きを持ちかけられたという。

だが1ヵ月前にもう一度やってきた進藤は、まるで人が変わったように、「ここは自分の物だから1ヵ月以内に出て行け」と言い出したらしい。

黒丑は、交渉するために進藤に会いに来たら彼が死んでおり、すぐに警察に連絡した、と主張していた。

別の日、麗子のもとへ事務所の開業祝いを持って紗英(関水渚)が訪ねてきて……。

【元彼の遺言状】第3話へ!これまでの感想

そうなんです!!!切るのはまだ早いですよ~!

やはり、第2話でいきなり完結してしまったことに驚いた人が多かったですね。

もちろん、私もその一人ですが。

ここからはオリジナルストーリーが盛り込まれていくようなので、面白いくなっていくことに期待して、第3話も堕のシミにしたいと思います(*^^*)

【元彼の遺言状】第3話の見どころと予告動画はこちら

なんと!まさかの2話で完結してしまった「元彼の遺言状」。

ここからは、オリジナルストーリーや、 短編集「剣持麗子のワンナイト推理」を ベースにしたエピソードが繰り広げられるそうです。

第1話と2話でもう観るのやめようと思った方は、第3話までは何とか見てみてくださいね!

きっと面白くなっていくはず!

第3話からは新たな謎解きが始まるので、このドラマはここから期待大ですね!!

第3話はどんな展開になるのか?楽しみですね(*^^*)

ネタバレ有【元彼の遺言状】第2話のあらすじと感想!第1話の不評を覆せるか!?綾瀬はるかさん主演で話題のドラマ「元彼の遺言状」。 「元彼の遺言状」の原作は新川帆立さんリーガルミステリー小説です。 この作...