鎌倉殿の13人

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第8回のあらすじと感想!義経は頼朝に会いに、頼朝は鎌倉へ

義経役の菅田将暉さん登場でさらなる話題を呼んだ「鎌倉殿の13人」第7回でした。

八重の強さを感じたり、佐殿の女好きを感じたり、亀の裏の顔が見れたり、忙しい1時間でしたね。

そして第8回ではつに頼朝たちが鎌倉を目指します。

兄頼朝に会いたい義経をはじめ、第8回でも様々な人物が登場しますので、しっかりあらすじチェックしておきましょう!

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第8回のあらすじ

挙兵した源頼朝(大泉洋)。

頼朝をを討つため、追討軍を送る平清盛(松平健)。

後白河法皇(西田敏行)は地図を広げ、丹後局(鈴木京香)らと戦況を占う。

一方、奥州をたった源義経(菅田将暉)は、兄・頼朝との対面を夢見て歩みを進めていた。

そのころ坂東では、上総広常(佐藤浩市)らを加え勢いを増す頼朝が、鎌倉を目指して進軍していた。

頼朝の命を受けた北条義時(小栗旬)は、武田信義(八嶋智人)を味方に引き入れるため、再び甲斐へと向かうことに。

【鎌倉殿の13人】第8回へ!これまでの感想

そんな気がする~(笑)

ホントこの笑顔可愛かった!この笑顔のまま守りたい気持ち…よくわかります。

あんな可愛い笑顔の義経が兄である頼朝との対面を夢見ているかと思うと・・・胸がぎゅっと締め付けられますね・・・。

兄と対面したらどうなっちゃうのよ。

ホント、おとなしいのかと思いきや、「ついでにうちの人も討ち取って」という発言は衝撃でしたね。

回を追うごとに登場人物の表と裏の顔がどんどん出てきますね。

「鎌倉殿の13人」第8話もどんな展開になるのか楽しみですね。

【鎌倉殿の13人】第8回の予告動画はこちら

「鎌倉殿の13人」第8回へ!

第8回のサブタイトルは「いざ、鎌倉へ」。

っというわけで、ついに頼朝が鎌倉を目指します。

そんな頼朝に会うことを夢見る義経・・・どうなっちゃうんでしょうか?

第8回も楽しみですね(*^^*)

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第9回のあらすじと感想!決戦前夜のまさかの結末とは?菅田将暉さん演じる義経は無邪気でかわいかったけど、それだけじゃない怖さも感じた「鎌倉殿の13人」第8話でしたね。 義経に頼朝、ほん...
ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第7回のあらすじと感想!佐藤浩市はキーマンになるか?戦死してしまった兄・宗時の想いを胸に決意を新たにした義時がなんともかっこよかった「鎌倉殿13人」第6回でした。 そして第7回では再...