鎌倉殿の13人

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第11話のあらすじと感想!病床の平清盛は?許されざる嘘とは?

菅田将暉さん演じる義経の故郷自慢に始まり、政子に膝枕させてもらったり、義経の自由奔放さが爆発していた「鎌倉殿の13人」第10話でした。

続いて第11話でも義経の奔放さが発揮されそうです。

では「鎌倉殿の13人」第11話もあらすじ見ていきましょう!

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第11話のあらすじ

鎌倉では、源頼朝(大泉洋)の新たな御所が完成していた。

坂東武者に平家の旧領を恩賞として与えるなど着々と体制が整えられていた。

そして北条義時(小栗旬)も慌ただしい日々を送っていた。

だが、りく(宮沢りえ)は、頼朝のしゅうとである夫・時政(坂東彌十郎)の処遇の低さに不満を募らせるのだった。

一方、都では平清盛(松平健)が敵対勢力の掃討に乗り出していた。

平清盛のその苛烈さに人々が恐れおののくほどだった。

そんな中、平家討伐を焦る義経(菅田将暉)は集った兄たちの前で……

【鎌倉殿の13人】第11話へ!これまでの感想

確かに姿は似てますね(笑)

割に走る頼朝公ですが、ドラマとしては面白みがないと、 途中で離脱してしまうので、私は大泉洋さんの頼朝が好きです!

確かに!(笑)

みんなキャラ濃いですが、そこが面白いんですよね!

確かに政子は父親や義経に相応しいふるまいをりかいしていましたね。

政子が現代社会にいたら相当立派な政治家でしょうね!

三谷大河は賛否両論ありますが、面白さのの中にしっかり歴史的背景、人物描写があるので、私はすっかりはまってしまっています。

逆に言えば、三谷幸喜さん脚本でなければ、ここまで見続けていなかったかも・・・。

っというわけで、「鎌倉殿の13人」第11話も楽しみにしています(*^^*)

【鎌倉殿の13人】第11話の予告動画はこちら

鎌倉殿の13人ついに第11話に突入です!

第11話のサブタイトルは「許されざる嘘」。

面白くなりそうな予感ですね!

「鎌倉殿の13人」第11回もどんな波乱の展開が待ち受けているのか楽しみですね(*^^*)

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第12話のあらすじと感想!「亀の前事件」タイトルだけで話題に!源頼朝の新たな御所が鎌倉に完成した「鎌倉殿の13人」第11回でしたね。 第12回もすでに話題となっていますが、それもそのはず! ...
ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第10話のあらすじと感想!ここから俄然面白くなる!ついに役者がそろったか!?義経と義時が対面した時の「顔そっくり!」に「いや、似てないわ!!」っと突っ込まずにはいられなかった「鎌倉殿の13人」第9回でしたね! ...