鎌倉殿の13人

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第1話のあらすじと感想!13人とは誰なのか?主要キャストもチェック!

三谷幸喜さんの脚本ということでもすでに話題となっている大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

平安末から鎌倉前期が舞台となっていて、歴史の中で繰り広げられる権力をめぐる駆け引きなんかが描かれている作品です。

登場人物もかなり多いのでし、これから1年に渡って放送されますので、最初からしっかり予習しておきましょう!

鎌倉殿の13人 第1話「大いなる小競り合い」のあらすじ

「鎌倉殿の13人」の舞台は平安末期から鎌倉前期。

源平合戦鎌倉幕府が誕生する過程で繰り広げられる権力の座を巡る駆け引きと、その勝利者で北条得宗家の祖となった北条義時主人公に描かれたお話です。

タイトルの「13人」とは、源頼朝の死後に発足した集団指導体制である「十三人の合議制」を構成した御家人たちを指しています。

1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた日本。

伊豆の地では、北条義時(小栗旬)が兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らとのんびり暮らしていた。

しかし、流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣)と恋仲になり、男児が生まれたことで状況は一変することに。

清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒する。

頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令がくだり……

【鎌倉殿の13人】第1話の感想は?

 

【鎌倉殿の13人】主要な登場人物とキャストを簡単に紹介!

【北条家】

  • 北条義時(小栗旬)・・・主人公。「13人」のひとり。
  • 北条時政(坂東彌十郎)・・・義時の父。「13人」のひとり。
  • りく(宮沢りえ)・・・義時の継母。
  • 北条宗時(片岡愛之助)・・・義時の兄。
  • 北条政子(小池栄子)・・・義時の姉。源頼朝の妻。
  • 実衣(宮澤エマ)・・・義時の妹。

【源家】

  • 源頼朝(大泉洋)・・・鎌倉幕府初代将軍。
  • 千鶴丸(太田恵晴)・・・頼朝と八重の息子。
  • 源頼家(金子大地)・・・頼朝と政子の嫡男。
  • 大姫(南沙良)・・・頼朝と政子の娘。
  • 源義経(菅田将暉)・・・頼朝の異母弟。天才戦術家。
  • 源範頼(迫田孝也)・・・頼朝の異母弟。義経・全成の異母兄。
  • 阿野全成(新納慎也)・・・頼朝の異母弟。義経の同母兄。
  • 源行家(杉本哲太)・・・頼朝の叔父。
  • 亀(江口のりこ)・・・頼朝の愛妾。
  •  安達盛長(野添義弘)・・・頼朝の従者。「13人」のひとり。
  • 武蔵坊弁慶(佳久創)・・・義経の家臣。

まだまだ多くのキャストの方が登場するようです!!!

【鎌倉殿の13人】とは誰なのか?

  1. 北条義時(小栗旬)・・・主人公。
  2. 北条時政(坂東彌十郎)・・・義時の父。
  3. 安達盛長(野添義弘)・・・頼朝の従者。
  4. 足立遠元大野泰広)・・・公文所で働く御家人。
  5. 梶原景時中村獅童)・・・御家人筆頭。
  6. 和田義盛横田栄司)・・・鎌倉幕府軍事長官。
  7. 三浦義澄佐藤B作)・・・三浦党の惣領。
  8. 三善康信小林隆)・・・鎌倉幕府司法長官。
  9. 大江広元栗原英雄)・・・鎌倉幕府行政長官。

っと9人まではすでに発表されています。

残り4人はいまだ未発表ですが、あっと驚くキャストが控えていると制作側はコメントしています。

すでにたくさんのキャストがおり、複雑化していますが、新たなキャストが誰なのかも見逃せませんね!

【鎌倉殿の13人】第1話!予告動画はこちら

キャストも豪華だし、脚本も三谷幸喜さんということで、面白くなりそうな予感ですね!

せっかくなので、第一話からしっかり見たいと思います!

とにかく登場人物が多いので、覚えきれるか不安もありますが、予習してからなとなく登場人物を頭にいれてみていきたいと思います(*^^*)

ネタバレ有【鎌倉殿の13人】第2回のあらすじと感想は?頼朝の本音に注目!第1話を終えて、面白かったとの感想が多く寄せられている「鎌倉殿の13人」。 安定の三谷幸喜さん脚本なので、これまでの大河ドラマと比...