婚姻届に判を捺しただけですが

【ネタバレあり】ハンオシ第6話あらすじと感想!明葉と百瀬がキス!!

こんどはどんな不意キュンを見せてくれるのか??

「婚姻届に判を捺しただけですが」第6話のサブタイトルは「偽装夫はじめてのジェラシー!?」です!

ジェラシー!!パワーワードですよね(笑)

まずはあらすじからチェックです!

ハンオシ第6話あらすじは?

百瀬(坂口健太郎)の不毛な恋を目の当たりにし、明葉(清野菜名)は自分の入り込む隙間なんてこれっぽっちもないと思い込む。

それでも百瀬と一緒にいるためには偽装夫婦という関係を死守しなけれ場と意気込む明葉。

そんな中、母・葉子(杉本彩)と父・丈治(ルー大柴)が突然家にやって来て大慌て!

両親の登場で、明葉と百瀬をつないでいた借金問題にも急展開が訪れる。

一方、仕事では、明葉が大ファンと公言している作家・丸園ふみ(西尾まり)からの本の装丁の依頼が舞い込んでくる!

チャンス到来とばかりに、仕事にい打ち込む明葉。

しかし、なぜだか雑念が増えていくばかりで、仕事がうまくいっているとは言い難い状況に・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川翔子(@shoko55mmts)がシェアした投稿

そんな仕事で失敗し落ち込む明葉に対し、百瀬は「明葉さん、励ましてもいいですか?」と語りかけ、突然キスをする。

百瀬に“不毛な恋”を抱く明葉は「こんな時にふざけないでください」とビンタ!

「友達だったら、これ以上ざわつかせないで!もうほっといてください」と言い放ってしまう。

不毛な恋に見切りを付けるため離婚を決意。

しかし、話を切り出すタイミングで、百瀬から謝罪を受け、心が揺らぐ…。

離婚は踏みとどまった明葉だが、うっかり百瀬に離婚届と借金返済のお金が見つかってしまう。

気まずい雰囲気を振り切るように明葉が・・・

「百瀬さん、なんで私にキスしたんですか!?なんでですか?本当に友達だからだけですか? それ以外の気持ちはなかったんですか?」

と興奮気味に問い詰める。

百瀬は「キスしてしまい、申し訳ありませんでした」と平謝り。

その言葉にモヤモヤした明葉は「私が欲しいのは、謝罪じゃありません!」と百瀬のネクタイを引っ張ると、今度は自分からキスをした・・・

ハンオシ第6話!これまでのみんなの感想は?

第5話は美晴に振り回されたり、だんだんごちゃごちゃしてきましたね(笑)

そして、脇役豪華なのも見どころですよね~!

第6話もかなり豪華だし!

そしてなんといっても、第6話で注目なのはキスシーンですね!

キスして謝られるって・・・明葉可哀想になってしまいますよね。

ハンオシ第6話の予告動画はこちら!

今回は明葉の両親が登場!

杉本彩にルー大柴・・・というのも個人的には好きです(笑)

物語をさらに面白くさせてくれていますね!

https://keep-smiling8.com/hannoshi-episode7/

https://keep-smiling8.com/hannoshi-episode5/