未来への10カウント

【未来への10カウント】第8話のネタバレあらすじと感想!満島ひかりの逆プロポーズが話題に!

木村拓哉さんとKing&Princeの髙橋海人さん共が演していることでも話題の「未来への10カウント」。

木村拓哉さん演じる桐沢がボクシング部のコーチとなって本格始動するも、またしても事件が勃発する第8話。

まずはあらすじから。

【未来への10カウント】第8話のネタバレあらすじ

松葉台高校ボクシング部でNo.1の実力がありながらも、素直になれない性格が災い…。

他の部員たちと完全決裂し、部への復帰を諦めてしまった西条桃介(村上虹郎)

一方、これまでの人生でさまざまな辛酸をなめてきたコーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が静かに発した言葉に触発された部員たち。

彼らは、自らの意志で西条ともう一度向き合おうと決心していた

そんな彼らの目の前で、西条が倒れる。

診断の結果、西条は脳に動脈瘤を抱えていることが判明。

万が一破裂すれば死に至る可能性もあるため、医師からボクシングは断念するよう宣告されてしまうのだった。

まだ高校1年生の西条に突如襲いかかった非情な運命。

心をかきむしられるボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)

桐沢は感情的になる葵をなだめる。

西条と一緒にボクシングをしたいという部員たちにも「現実を受け止めろ。どうにもならないこともあるんだ」と告げる。

だが、そんな桐沢もまた心の奥では、網膜剥離でボクシングを諦めざるを得なかった学生時代の自分と西条を重ね合わせていた。

そして、桐沢もやり場のない複雑な感情に苛まれていた…。

しかもここへ来て、亡き妻・史織(波瑠)の兄・井村和樹(石黒賢)の後押しで、かつて閉店を余儀なくされた焼き鳥店再開の目処が立ち始めていた。

桐沢は、人生の選択にも迫られていたのだ。

店を再開するとなれば、新たな生き甲斐となっていたコーチを続けられないかもしれない――。

桐沢の心は人知れず、激しく揺れ動き…。

 そんな中、西条がまるで吹っ切れたような笑顔を浮かべ、演劇部に入部したことを桐沢と葵に報告する。

早々に気持ちを切り替えた西条のことが引っかかりる二人。

それを聞き、練習に集中できないボクシング部員たち。

だが、残されたメンバーだけで宿敵・京明高校に勝ち、インターハイに出ることだけを考えるよう桐沢は部員を鼓舞する。

部員たちも気合を入れ直し練習に励む。

その様子を西条が覗き見してたのだった・・・。

 予期せぬ人生の岐路に立たされる中、やがて新たな未来に向かって“大きな決断”を下す桐沢と西条。

一方、密かに桐沢への恋心を募らせていた葵にも、ついにその想いを桐沢に伝えるのだった。

【未来への10カウント】第8話の感想!

【未来への10カウント】最終回・第9話のネタバレあらすじと感想!木村拓哉最高!折原先生と結ばれてよかったの声多数木村拓哉さんとKing&Princeの髙橋海人さん共が演していることでも話題の「未来への10カウント」。 木村拓哉さん演じる桐沢が...
【未来への10カウント】第7話のネタバレあらすじと感想!安定のカッコよさを見せるキムタクはやっぱぱりすごい木村拓哉さんとKing&Princeの髙橋海人さん共が演していることでも話題の「未来への10カウント」。 木村拓哉さん演じる桐沢が...