未来への10カウント

【未来への10カウント】第5話のネタバレあらすじと感想!何をやってもキムタクはやっぱりかっこよかった!

木村拓哉さんとKing&Princeの髙橋海人さん共が演していることでも話題の「未来への10カウント」。

木村拓哉さん演じる桐沢がボクシング部のコーチとなっていよいよ本格的に始動しましたね。

そんな矢先に事件勃発してしまう第5話のあらすじはこちら!

【未来への10カウント】第5話のネタバレあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

たかはし💛(@kai.an.yuu)がシェアした投稿

今ではすっかり弱体化した母校・松葉台高校ボクシング部。

コーチとなった桐沢祥吾(木村拓哉)が背水の陣で挑んだインターハイ予選。

だが、ただひとり2回戦へ駒を進めた女子部員・水野あかり(山田杏奈)も、圧倒的に格上の京明高校に破れてしまう。

結果はともあれ、全力でぶつかったあかりを心からたたえる桐沢。ところが…!

 京明に負けたことを理由に、松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は桐沢にコーチ解任を宣告。

過去に幾度も人生の辛苦をなめてきた桐沢は、早々に「そういう人生だから、どうしようもない」と諦める。

そしてコーチおよび非常勤講師を辞めることに…。

希望が見えない日々の中で、ようやく得た“生き甲斐”をいとも簡単に手放そうとする桐沢を、なんとか引き留めようとするボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)

部員たちも一方的に告げられたコーチ解任に憤慨する。

だがそれぞれ、やりきれない思いを抱えつつも、前へ進まなければならない。

葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチになってほしいと依頼。

桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と、甲斐にボクシング部の未来を託す。

 ところがその矢先、大阪から凄腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきて、ボクシング部に入部することに!

「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条。

そんな彼の実力を見て「うちのエースになる!」と興奮する甲斐に、部員たちは反感を覚え…。

 そんな中、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明になったのだ!

警察も動くほどの事態になっていると知った桐沢は心配でたまらず、江戸川を探す。

部員の絶体絶命の危機に桐沢はとんでもない行動に出るが…!?

【未来への10カウント】第5話へ!これまでの感想

【未来への10カウント】第5話の感想まとめ

未来への10カウント、第5話でも「キムタク」がさく裂していましたね。

さすが何をやっても「キムタク」!!いい意味で!!!

あかりの頭ポンポンする桐沢の手・・・本当キュンキュンでした♡

行方不明になった江戸川を探したり、守ったり、桐沢の困っている人を放っておけない優しさがあふれ出てましたね。

そして、色々あってもやっぱりこのボクシング部には桐沢がいないとダメですよね!!

部員たちも桐沢が来たことで生き生きし始めましたしね。

桐沢と部員たちが今後もっと変わっていくんだろうなぁ~っと続きも楽しみです(*^^*)

ネタバレ有【未来への10カウント】第4話のあらすじと感想!木村拓哉にも恋の予感!?木村拓哉さんがテレビ朝日系ドラマで初主演すると話題の「未来への10カウント」。 King&Princeの髙橋海人さんも共演している...